Author Archives: monshi

街コンや婚活サイトは出会いの場として考えてみよう!

街コンを知らない人も聞いた事がある人もいると思います。
実際に参加経験のある方も中に入ると思いますが、街コンは数年前まではテレビやメディアでも取り上げられる程人気でしたが、最近はどうなの?と思うかもしれないですが、出会いの一般的な形となっていて日本全国毎日どこかで開催されていてまだまだ人気が高いです。

街コンは参加条件が年齢制限or職業が多く、20代限定、30代限定などの年齢制限の方がどちらかとゆうと多くなっています。
婚活などのように年収〇〇以上などの制限は無いので比較的誰でも参加しやすいのが街コンのメリットでもあります。バツイチや子持ちでも参加しやすいのもメリットです。

社会人になってから出会いが全く無くなってしまった、こう感じる人は男女問わず多く、出会いをどうやって作ったら良いんだろう?最近流行りの婚活アプリは顔も見えないしサクラが多い気がする、バツ1や子持ちの人ばかりなのでは?と直接の会って話をしてみたい方の参加が多く女性の参加者も多いので参加するだけで出会いが作れます。

私も実際に街コン参加経験がありますが、全ての街コン参加で連絡先の交換は出来ていますし、その中で出会った人とデートを繰り返し、カップルになった経験もあります。街コンで出会った人とカップルになれる?と気になる方もいると思いますが、出会った場所が街コンだっただけで普通の恋愛と何も変わりはありません。

女性も婚活スタートの場として街コンを選ばれる方が多く、婚活パーティーでは将来的に結婚を考えてお付き合いの出来る方を探すようになりますが、街コンはとりあえず出会いを作れる、良い人がいれば友達から始められたら良いなと思って参加している人が大半です。

「結婚」となると若干参加者意識のハードルが上ってしまいますが、街コンでは「結婚」よりも「出会い」を作る事が主な目的となっているので、誰でも参加しやすくなっているので、オススメの婚活と言えます。バツイチ子持ちの友人は、街コンにも参加しつつ、再婚】や【バツイチ子持ち】でも大歓迎の婚活サイトを紹介!というサイトにも登録しているようです。要は、まずは出会いを求めてるところに登録しよう!行ってみよう!ということです。

結婚も将来的には考えたいけど、まずは自分に合った人を探したいと思っている人は街コンで婚活スタートをさせてみるのも良いと思います。

第二新卒でも正社員の求人はたくさんあります!

第二新卒で転職をしようと思った際に気をつけたいことは、転職してどんなことをしたいかを具体的に考えておくことです。
新卒の場合は、仕事内容や条件など細かく説明してくれることが多かったのが、第二新卒の転職は社会人経験があるということで分かっていると思われてしまうこともあり、何となくで受けて入ると自分に合わないといったミスマッチを起こす可能性が高いです。

これから長く勤められ、かつ自分のやりたいことができる企業かどうかが第二新卒の転職で仕事を選ぶポイントとなります。
前職で培ったスキルを活かすのも良いですし、転職中に資格取得に努力しそれをアピールするといった、新卒の頃はやる気など気持ちでアピールしていたのを、第二新卒の転職では自分はこういうことができるというスキルをアピールしていくことが成功につながると言えます。

近年、新卒で入社しても3年以内に退職をしてしまうという方が増えています。
第二新卒は社会人経験があり、かつ年齢が新卒の方に近いので、第二新卒求人正社員を募集している企業もかなり増えています。
社会人として働いてから得たこと、これから得たいと思うことをアピールし、即戦力として働けることを伝えていくのがポイントとなります。
社会人として経験が乏しかったり、短期間で辞めてしまったというマイナス面もありますが、自分が前の職場で得たことやこれから即戦力として働きたいことをアピールし、弱点や失敗から学んだこと、これからどのように成長していきたいかを明確にすることが第二新卒の転職では大切なことです。

第二新卒の転職は、短期間で辞めてしまったということで不利な点が多いイメージがありましたが、近年では第二新卒を積極的に求人を出しているところも増えており、第二新卒でも十分に活躍できるチャンスは増えています。
社会人として言葉遣いやマナーを持ちつつ、失敗や弱点から学んだこと、それをどう活かし即戦力としてつなげるかをアピールしていくことが第二新卒の転職成功の秘訣と言えます。

研修学生5人に見守られながらの出産

専門学校や高校の看護科。病院での実習は大変そうだなと思います。
私が出産で宇都宮にある産院に入院していた時も実習生はいました。検診時に「日中に出産になる場合は学生さんが見学をしてもいいか」という旨を聞かれ、特に何も考えずに「はい」と答えてしまいました。

出産当日。見事に日中だった私は先生、看護師2人(一人は学生の指導)、助産師1人、学生5人、立ち合いの旦那という大所帯の中で出産でした。産後の記念撮影も大人数でにぎわっていました。学生は研修初日だったみたいで私の様子を見ては少しオロオロしたり平然を装ったりとテンパっていました。不思議とテンパっている人を見ると落ちつけるもので冷製に出産を終える事ができました。

消毒や赤ちゃんのお世話も学生さんが常に見学。話す機会が何度かあったので色々と聞いてみました。
まず「血を見て平気なのか」私は自分に注射針が刺さっているところすら見れないビビりなので、私よりもはるかに年下の学生さんは血や治療現場をみて大丈夫なのかそれとも慣れるものなのか気になったのです。答えは「見ているうちになれてくる」でした。始めはやっぱり気分が悪くなったりもしたそう。しかし日常と化していくと慣れて平気になってくるようです。中には慣れなくて辞めていく子もいるそうです。

ちなみに出産の現場を見たのは私のが初めてらしく、忘れられない経験になりましたと言ってもらえました。
「産まれたばかりの赤ちゃんのお世話怖くない?」入院中の沐浴や爪切りは学生さんがやってくれていました。産まれたばかりの赤ちゃんはふにゃふにゃで母親である私ですら触るのを恐る恐るという感じでやっていました。学生さんの答えは「怖いと思っていると怒られるのでしっかり触ってます」とのことでした。

恐る恐るだと赤ちゃんはそれを感じて泣いてしまうのでしっかり触るようにと指導されているみたいでした。他にも辛いこと、楽しいこと、何故看護師を目指しているのか等色々聞かせてもらいました。人の生死に関わる医療の現場に携わる人はすごいなぁと思います。目指してくれている人がいるから医療サービスを受ける事ができる。研修中の学生さんにも感謝しかありません。

また、中にはパートで復帰したばかりという私と同じぐらいの看護師さんもいました。看護師求人宇都宮市|条件のよいパート探し方【私の転職体験談】というサイトを通して復帰されたんだとか。子供がいながらも頑張っている姿をみて、私も初めての子育てで不安でしたが、頑張らねばと思いました。

壮絶自己中な男との遭遇事件

ある日、家族の付き添いで高松市内の病院に出かけたのですけれど。総合病院だけあって結構混雑していたので、待合室も人でいっぱいでした。診察を終えたらしき男性が出てきて、その後にすぐ看護師さんが会計ファイルを渡そうと声をかけていました。すると男性が空いている椅子にドスンと座って、看護師さんに、
「あのさ、わかってる?俺ね忙しいのよ。何でこんなに検査が先なわけ?しかも検査の後にまた来いってどういうこと?」
とにらみつけているのです。

 

看護師さんは、
「申し訳ありません、検査の日程はこれが一番早い予約になります。検査の結果も当日に出るものではないので、もう一度いらしていただかないと説明ができないので」
と丁寧に説明をしていました。

 

誰が聞いても納得ですよね。しかもそこそこの大きい病院ですから、検査の予約もすぐにとはいかないでしょうし。男性の声が大きいせいもあって周りの人たちも見守っていました。

「だからさ、俺忙しいの。なんで何回も来なきゃならないの?他の病院でも同じなわけ?」
さらに看護師さんにからみます。
「検査の予定は早められるかもしれませんけれど、おそらく結果は後日になると思います」
看護師さんも冷静に丁寧に返事をしたのですが。
「でもよ、それってまた他の病院に行くための休み取らなきゃなんねえよな。どうしてくれるんだよ、今日の俺の時間!あんた弁償してくれるのかよ!」
ますます大きな声で男性が怒鳴りだしました。

 

もう言っている内容に唖然としました。なんて勝手な男なんでしょう。きっと医師の前では何も言わずに、検査の予定を組んだはずですよね。看護師さんも困っている様子でしたが、申し訳ありませんと謝っていました。それでも男性は納得できないのか、
「あんたさ、何様なわけ?突っ立って話してよ、人のこと見下ろして。行儀がなってないんだよ!」

 

さすがに周りも段々ヒートアップする男性にザワザワし始めました。
だいたい、混み合っている待合室ですよ、看護師さん立つ以外にないですよね。身をかがめて一生懸命話している看護師さんに何様って。もう本当にこんな人がいるなんて驚きでしたよ。

 

看護師さんは周りの様子も気になったのか、
「申し訳ありません、患者様のための椅子なので、私は座れません。よろしければ、こちらのお部屋でお話しをしませんか?」
とあくまでも冷静に男性を問診室へ案内していました。

 

かなりの乱暴で自己中さ加減に呆れるしかなかったです。少しの間中から怒鳴り声は続いていましたけれど、少しずつおさまったようで、しばらくして事務の男性に付き添われて男性は帰って行きました。

あんなに怒鳴られて、理不尽なことを言われても笑顔で対応したり、その後も笑顔で他の患者さんに対応している看護師さん、さすがだなと思いましたね。私の義姉も看護師をしていますが、http://xn--gmq498aw4gn1entpi22arrw.net/というサイトで最近転職をしたそうです。転職先は好条件な環境で義姉はとても働きやすいようです。あんな患者さんばかりではないと思いますが、看護師さんて本当大変ですよね。離職率、転職率が高いのも納得です。

中二病でも、デーモンハンターになりたい!

中二病でも悪霊は退治できる!!!
とは、まさにこの海外ドラマ「スーパーナチュラル」のことです。

じつはわたしは重度の中二病でシーズン1からかなりハマってみているのですが、悪霊と退治するときに毎回美女がでてくるところ、これかなりホラーのツボを押さえていますよね。
ということはみなさんお気づきかと思うのですが、カップルが出てくる回はそのカップルに死亡フラグがかなりの確率で立ちます。
たいてい男が「なんじゃこゃ~!」とか、いちゃもん付けた相手がデーモンだったり、主人公たちの追いかけている大物デーモンだったり・・・。
酷いときは、カップルの彼女がデーモンに惚れちゃったりする展開になって男が生贄になるパターンが時代の変化を表しており、ストーリーよりそっちを見てしまいがちになりますので、細かいことが気になってしまう性格の方は要注意です!!

さて、このシーズンでは兄弟二人がタッグを組んでデーモンを退治していく、放浪系デーモンハンターを扮するわけですが、アメリカならではの武器も登場します。
そうです。「銃」です。
しかもデーモンハンター用の銃だから人に危害は加えないだといいつつ、警官に職務質問されているシーンはなんだかクスッとくるものがありますよね。
まぁあんな風貌で男二人がフラフラしていたら確かに、浮浪者と勘違いされること間違いなしです。
しかもソードオフされた散弾銃所持です。

さて、この散弾銃ですが。弾丸が通常の銃と違って岩塩でできています。
従って兄弟いわく「これは人は傷つけない。何故なら塩でできているからだ」と言っていますが、雷管と火薬を使っている時点で岩塩(例え食卓塩でも)
至近距離であたればかなりのダメージを食らうこと間違いなしの殺人未遂状態のシロモノなんです(笑)。
しかし、やはり正義執行には欠かせない道具だ!ということで、車の荷台にいつも装備しているんです。
そして車はなんとマッドマックでも有名になったあの「V8」っぽい車で、もうここまで揃うと完全に中二病患者は最後まで観なければならない設定となっています。

第1話からもう中二病スイッチを入れる展開ですからね。
huluなら2週間無料で視聴できるので、まずは物は試しで観てみてはいかがでしょうか?
⇒⇒⇒Huluでスーパーナチュラル見れる?※<2週間無料視聴も可>

「2位」だからこそイイ!

テスト
私が最近うれしかったことは、息子がテストで学年「2位」をとったことです!
いつもわりと成績のいい方の息子なのですが、ここ最近は簡単なミスをして点を落としてしまうことが多く、努力のわりにうまくいっていないと感じることが多かったようでした。しかし今回に限っては悔しいミスもなく努力の成果が出せたようでとても嬉しく思っています。

私が今回最もうれしかったのは、課題でもあったうっかりなミスを防げたということよりも「2位」という順位であったことなんです。「1位の方がいいに決まってる!」と感じる人も多いと思います。しかし、2位だからこそイイと私は思っています。それはなぜかと言いますと、目標を持ったまままさらに上を目指して頑張り続けることができるからです。

あっけなく1位をとってしまうと自分の実力を勘違いして油断してしまうのではないでしょうか。もちろんどの子もそうとは言いませんし、1位は1位なりの苦悩があるのも想像できます。ただ、うちの息子の場合は良くも悪くもポジティブすぎる性格なので、簡単に目標が達成されて満足してしまう事態になるのは危険だと考えています。

「精一杯頑張ったけれど1位に及ばなかった」という方が「これでもまだ足りないのか!もっと頑張らなきゃ!」と思える性格なんです。だからこその2位に対する喜びです。この親の思いは息子にはいまいち伝わっていないようで、「お母さんはシビアだね」と言うばかりの息子もちょっと笑えます。

これを聞いて1位になれなかったやせ我慢のように感じる人もいそうですが、私は今後もしばらくは2位や3位でいてほしいと思っています。追われてドキドキするよりも追いかける楽しみを感じつつ、勉強が嫌いにならずに継続していってほしいと思っています。本人はと言いますと…やっぱり子供ですから素直に「2位かよ!」と悔しがっています。でも、そんな風に悔しがる姿も可愛らしいと言いますか、悔しがって燃える子供の前向きな姿を見るのも悪い気はしません。